Japan Dryaging Beef Promotionboard
HOME ドライエイジングビーフとは 会について 活動報告 会員募集 リンク お問い合わせ
1. 名称
「日本ドライエイジングビーフ普及協会」Japan Dryaging Beef Promotionboard(略称:JDBP)
2. 目的
新しい日本の牛食文化の創造に向けドライエイジングの熟成及び調理技術への正しい認識を普及しその研究と交流活動に務め日本の食文化の向上に資するも
のとする。
3. 発足
2009年4月7日
4. 役員
  服部津貴子(学校法人服部学園服部栄養料理研究会会長)
食肉で食育−安心で安全な日本の牛食文化に向けて
堀江実智子(大塚食品株式会社)
    佐野佳治 (株式会社さの萬代表)
ドライエイジングビーフへの思いと熟成取組みの報告
  海老原久夫(株式会社アックス)
鎌田昭男(株式会社東京ドーム専務取締役総料理長)
ドライエイジングビーフとの出会い
齋藤章雄(コンラッド東京日本料理統括料理長)
ドライエイジングビーフについて
齋藤立夫(株式会社柴田書店)
ドライエイジングビーフに期待を込めて
本間千枝子さま(食文化エッセイスト)
「ドライエイジングビーフ普及協会」への大きな期待
山本謙治さま(株式会社グッドテーブルズ代表)
「ドライエイジングビーフへの期待」
(アイウエオ順)
石神修 (有限会社石神事務所代表)
吉田範之(TBCコンサルタンツ代表)
5. 運営

当会の運営は、
委員及び技術認定取得各社及び協会認定調理師の方々で運営をしています。

●委員:上記項目4.の通り

●技術認定各社:

[ビーフ部門]

「株式会社さの萬」(静岡)

「株式会社マルヨシ」(千葉)

「株式会社肉匠もりやす」(埼玉)

「小川畜産株式会社」(東京)

「有限会社岡崎牧場」(宮崎)

「杉本食肉産業株式会社」(名古屋)

「株式会社丸菱」(熊本)

「株式会社前田牧場」(栃木)

「馬喰一代株式会社」(岐阜)

 

[ポーク部門]

「株式会社さの萬」(静岡)

「東総食肉センター株式会社」(東京)


●協会認定調理師
高山いさ己(神楽坂カルネヤ・オーナーシェフ)
眞貝友也(トランジットジェネラルオフィス・グランドシェフ)
石崎忠烈(ガストロノミージョエル・ロブション勤務)

Copyright© 2009 Japan Dryaging Beef Promotionboard. ALL Rights Reserved.